シェアハウスで楽しく過ごす掟【生活をイメージする】
ロゴ

入居者とのトラブル回避術『シェアハウスで過ごすには』

流行りの暮らし方

今流行りの部屋には大まかに分けて2つの種類が存在しています。ですので、その意味や利用方法の事に触れたいと思っているのなら双方を比較してみると良いでしょう。

使い方が異なる

ルームシェア

ルームシェアは、文字通り同じ部屋に住むことを言います。この場合は入居者の1人が金銭の管理をすることになるので、予めルールを決めておくとトラブルを防止することができるでしょう。

シェアハウス

シェアハウスの場合は、運営事業者がいるので、自分たちで運営する必要がありません。また、一人でいられる空間を確保することができるので、趣味に没頭することもできるでしょう。

シェアハウスで楽しく過ごす掟【生活をイメージする】

インテリア

良い点

東京に上京したばかりで心細いという方はシェアハウスがお勧めされています。これなら複数の方が住んでいるので、知らない土地に引っ越してもさみしい思いをすることがないでしょう。

リビング

悪い点

シェアハウスではお風呂や洗濯機、キッチンなどの利用時間を制限されている場合もあるので、借りる前によく確認しておくと良いでしょう。そうすることによって、住居者全員が気持ちよく暮らすことができます。

シェアハウスを探すテクニック

部屋

部屋に直通で行ける

シェアハウスにはリビングを通らなければ部屋に入れないような造りが多々あります。そうすると、嫌でも挨拶をしなければならないと気が張り詰めてしまいます。気を使いたくないなら部屋に直接入れるところが良いですよ。

お風呂やトイレの鍵

女性ばかりではなく中には男性が暮らしている場合もあるので、部屋はもちろんのことお風呂やトイレの鍵がきちんと閉まるかどうかチェックするべきです。そうすれば、ゆったり湯船につかることができるでしょう。

掃除を忘れがちなら

仕事などで忙しい時はついついお皿洗いや部屋の掃除などをさぼりたくなってしまいます。そうなると他の入居者に迷惑になる可能性が高いので、清掃業者を導入しているシェアハウスにすると楽に生活をすることができるでしょう。

備品が多い

大人数で暮らしていると、当然のことですが誰かが洗濯機などを使用していればその間待たなくてはなりません。しかし、人数分に近い数の備品があれば自分の都合の良い時に備品を使うことができるでしょう。